高齢者が食事中にむせたときの対処法

くーちゃん

高齢者のおじいちゃん、おばあちゃんが咳払いでむせたりすると「どうしてあげたらいいの?」と困ることありませんか?介護が初めてで自信がない方に、高齢者がむせたときの対処法をご紹介します。

高齢者がむせる原因

高齢者が食事中にむせたときの対処法
高齢者が食事中にむせたときの対処法

食事中にむせるのはなぜ?

むせは、食べ物や飲み物が気管に入ってしまったために起こる、誤嚥の症状です。むせる原因として考えられるのは「食事をしているときの姿勢」「嚥下力が弱くなっていること」「塩味や酸味に弱い」などが考えられます。高齢者は噛む力だけでなく、飲み込む力も弱くなっていることが多いです。

食後にむせるのはなぜ?

食後にむせる原因は、「食後口の中に残留物」が残っていて、それが気管に入り込むとむせることがあります。

高齢者がむせるときの対処方法

前屈にする

むせているときは食べ物などの異物を気管からだそうとしています。前屈姿勢で無理をさせないよう心がけましょう。

背中をさする

むせるときは、気管の入り口で異物を吐き出そうとしています。そんなときは、背中を下から上へさすってあげましょう。背中をさすって、むせを出しやすくしましょう。

食事中は一旦休む

食事中にむせたら、食べるのを一旦休みましょう。落ち着いてきましたら大きく呼吸をしてもらいむせがなければ食事を始めましょう。

高齢者のむせを防ぐ方法

高齢者の食事

[PR]

姿勢をよくして食事する

食事をしているときは姿勢をよくしていただきましょう。椅子に座って食べる場合は、椅子に深く腰をかけて、あごを引いた姿勢がよいです。介助する場合も、立ったまま介助すると食べる側のあごが上がってしまうので、食べる側の目線と合うくらいの位置「一緒に座って」介助しましょう。

なんどかごっくんし、口の中に食べ物を残さない

食後、口の中に食べ物が残っていてそれを誤嚥してしまうことがあります。1回のごっくんで嚥下しきれていない場合は、2回飲みこむようにしましょう。

口をしっかり閉めてごっくんする

口が開いたままだと嚥下力が弱くなります。しっかり口を閉じて飲み込みましょう。そして、飲み込むときは、意識的に息を止めて飲み込みましょう。

[PR] 噛む力・飲み込む力が弱くなってきた方へ

高齢の方でも食べやすく、多彩なメニューをご用意。食べる方も作る方も笑顔が広がる食事をやわらかダイニングは目指しています。やわらかさを3段階のレベルで調整しているので、自分に合った程よいやわらかさをお選びいただけます。

まとめ

むせの原因は、食べ物などの異物が気管に入ることで起こります。気管に入った異物を、咳をすることで排出しようとしています。高齢者の方がむせて苦しそうでも、むせを止めてはいけません。落ち着くまで背中をさすってあげましょう。慌てて背中を叩くと、気管に入りかけた食べ物をさらに肺へと落としてしまいますので、優しく背中をさすりながら声をかけましょう。

くーちゃん

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。この記事が面白かった、ちょっとでも参考になったと思ったら、是非、ブックマークやシェアをよろしくお願い致します。これからも高齢者介護の情報を中心に、くぅの知識と日常を更新していきます。