高齢者の方にとっては、毎日の食事の準備は何かと負担が大きいものです。例えば食材の買い入れもその1つ。スーパーや商店との往復だけでも大変ですが、メニューや栄養バランスさらに経済的コストなどを考えながら、毎回買い物をするのは一苦労です。

これは自宅で高齢者を介護している方にも、同じことが言えると思います。仕事や家事をしながらの介護であれば、食事の準備には様々な困難がともなうはずです。

そんな方におすすめしたいのが、宅配食事サービスです。

食事宅配サービスとは?

食事宅配サービス(※下記 宅配食)とは、主に高齢者や食事制限が必要な方などを対象に、味付け、栄養バランスなどに配慮した健康的な食事を毎日、毎週(希望の配達日)自宅に届けてくれるサービスです。

自宅に食事が届くので、食材の買い出しや調理の手間がかかりません。

栄養バランスのとれた献立を手軽に食べることができるので、毎日の食事の準備が大変な高齢者や単身赴任の方、妊婦や産後のママなど様々なシーンに活用することができます。

注文して食べるまで
宅配食の説明

WEBサイトやお電話で注文することで、希望の曜日に定期的に冷凍お食事セットが届きます。1食あたりの料金は400円~900円ほど。毎日3食提供する業者さんから、月に一度宅配するタイプまでさまざまな形態があります。

冷凍お弁当を作っている事業者さん

宅配食の説明

食事宅配サービス業者一覧

>>宅配食業者一覧

くーちゃん

食事は毎日のことですから、家族に合った食事宅配サービスを見つけましょう。正直、微妙なお弁当もあるので、このサイトを参考にしていただけたら嬉しいです。

栄養バランスのよさに着目した出産前後の女性や
健康・ダイエット志向の人たちが利用するケースも増えています。


高齢者の介護


共働きで食事を作る時間が無い


糖尿病の食事制限


高血圧の食事制限


食べてダイエットしたい


毎日安心して食べたい

くーちゃん

高齢者の方、出産前後の女性、共働きで時間が無い方、糖尿病や高血圧、成人病などの食事制限が必要な方、食べてダイエットしたい方、離れた家族の健康が気になる方など大勢の方が宅配食を利用しています。

宅配食は単身赴任や高齢者の一人暮らし、仕事が忙しくて食事の用意に中々手が回らない方などに、特におすすめのサービスです。サービスを提供している事業者さんによって異なりますが、メニューは栄養管理士の監修の下で考案されてますので、バランス良く栄養を摂取する事ができます。

カロリー・塩分・糖質など気になる数値が細かく公表されているので、業者さんによって異なりますが、健康状態に合わせた献立を組む事も容易です。一人暮らしに限らず家族暮らしている場合でも、宅配食を利用する事で家族の健康を守る事ができます。

妊娠中の体重管理や塩分コントロール

「わんまいる」は主食と2種類の副菜がセットとして冷凍で届きます。一食のカロリーは約400kcalで塩分も3.5g以下に調節されていますので、妊娠中の体重管理や塩分コントロールにもってこいです。妊娠中は食事の安全も気になりますが、「わんまいる」のメニューは国産食材を100%使用するなど安全面も問題ありません。

わんまいる公式ホームページ

産後のママのサポートにも

宅配食事サービスは産後のママのサポートにも大活躍します。産後ママの負担を軽くする方法として最適です。

わんまいるを実際に食べてみました

わんまいるのお食事セット
「わんまいる」の三陸産 鮭のフライセットを頂きました。

 

 

わんまいるのお食事セット
「わんまいる」のお食事セット 紀州うめどりの筑前煮を頂きました

 

 

わんまいるのお食事セット
「わんまいる」の鶏肉の麻婆炒め頂きました。

 

 

宅配食のメリット・デメリット

メリット

  • 買い物と調理の必要がない
  • 食品の安全性が守られている
  • ムダ買いが減って経済的

デメリット

  • 送料など、商品以外の費用がかかる
  • メニューを自由に決めることができない
  • 注文して届くまでに時間がかかる

宅配食のメリット

宅配食のメリットとしては、買い物と調理の手間を省く事が出来るという点も挙げられます。単身赴任の慣れない生活環境では調理器具を揃えたり、仕事から帰って料理をする余裕がないというケースも多いと思います。

宅配食事サービスでは温めるだけで食べる事の出来るメニューがほとんどなので、調理器具一式を揃える必要がなく、手軽に栄養価の高い食事を摂取できちゃいます。高齢者の場合は買い物へ行くだけでも一苦労というケースもありますが、宅配であればそうした苦労の心配もありません。

毎日の献立を考えるというのは、専業主婦でも頭を悩ませるところでしょう。自分の料理のバリエーションや栄養面・材料費などと相談しながら飽きのこない献立を組むのは中々難しいものです。

宅配食事サービスでは和・洋・中のメニューをバランス良く取り揃えているところが多く、自分の好みに合わせて注文出来ます。ゼロから献立を考えるよりも負担を軽減出来るのは大きなメリットと言えるでしょう。なお、基本メニューのサイクルはある程度固定されているのが一般的です。

事業者によっては高齢者に向けた宅配食事サービスで安否確認を兼ねているというケースもあります。

高齢の肉親が一人暮らしで元気に暮らしているか心配だという人も少なくないでしょう。とは言え頻繁に訪問したり連絡したりするのもお互いの負担を考えると現実的ではない場合も多いです。

宅配食事サービスで安否確認を行ってもらう場合には親族などの緊急連絡先を前もって登録しておき、何かあった時にはその番号へ連絡が行くようになっています。基本的に宅配食に付随するサービスとして安否確認を利用する場合は無料としている事業者が多いです。

インターネット注文に対応している宅配食事サービスであれば、24時間いつでも注文出来るというのも忙しい現代人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。注文内容・配送時間・支払い方法の変更といった手続きを時間と場所を選ばずに行う事が出来ます。事業者によっては電話受付でしか対応出来ないものもあるので注意しておきましょう。

宅配食のデメリット

多くのメリットが期待出来る宅配食事サービスですが、気をつけておきたいポイントもいくつか存在します。

宅配食事サービスの価格設定には材料費や調理費はもちろん、配送費が含まれているためスーパーやコンビニで市販されているお惣菜やお弁当に比べると価格がやや高めです。エリアによっては配送コストがかさむため料金が上乗せになるケースもあります。しかし、多少の割高感は一概に損をしているとは言えません。

宅配食事サービスを利用する事で手間や時間が省けるので、その時間や余力を別の事に費やす事も出来るでしょう。宅配食事サービスを上手に活用出来れば生活がより一層豊かなものになります。また、宅配食事サービスでは注文内容次第で献立の自由度がある程度決められている事にも注意しておきましょう。

宅配食は一品から注文出来るものもあれば、ある程度まとまった注文数が必要なものもあります。特に定期配送のコースを申し込む場合には原則的にメニューは事業者側で決められてたものになるのが一般的です。宅配食のメニューは豊富になっていますが、少し味に飽きて来たら外食や自炊を挟むなどして変化を加えてみるのが有効と言えます。

宅配食事サービスでは食品を扱う関係上、配送業者側で長期的に荷物を保管しておく事が難しい場合が多いです。したがって、宅配食は出来るだけ早めに受け取っておく事に越した事はありません。事業者によっては宅配ボックスに対応している場合もありますが、夏場などの気温が高いシーズンではやはり気になるところでしょう。配送時間はある程度指定出来るようになっているのが一般的ですが、宅配食が届く可能性がある時間帯は外出しにくい点には注意が必要です。